会話が弾みやすい婚活アプリってあるの?

会話が弾みやすい婚活アプリってあるの?

57view

2018.09.28

安全性を背景にユーザー数を増やしている婚活アプリ

昨今では、婚活アプリを利用して自分のパートナーを見つけようと考えている人も増えてきています。その背景には婚活アプリが使用する上で安全になってきたという状況が関連しているのは、間違いありません。

マッチングアプリの前身であるマッチングサイトは、よく「出会い系サイト」と言われていましたが実際に出会いの場が提供される可能性が低かったり、そもそも騙す目的で嘘の登録を行っていたりする人も多く、危険な認識を持っている人も多いです。

しかし、現在の信頼性のあるマッチングアプリは本名で登録しなければならないFacebookと紐付けるものが多く、常に運営が監視体制を敷いて悪質なユーザーを取り締り、安全な環境をつくりだしています。

これにより、マッチングアプリ=危険という認識は薄れてきており真剣に婚活をアプリで利用している人が増えているというのが現状で、実際にマッチングアプリをきっかけに結婚したという例も数多いです。

とはいえ、それでもなかなか上手くいかないという人も多く、そのような観点から見れば婚活アプリはまだまだ改善の余地があるといえるでしょう。

コミュニケーションは永遠の課題

会話が弾まないことに頭を悩ませるユーザーもいる

婚活アプリで上手くいかない理由としては様々なものがあり、各々のユーザーさんが悩みを抱えています。婚活アプリを利用して上手くいかない原因として、「会話が上手くいかない」という分析をしているユーザーさんもいます。

婚活アプリを利用する基準として、「会話ができるアプリ」として挙げる人はまずいませんが、「会話が弾みやすくなるアプリ」があればいいと考えるユーザーも増えてくるかもしれません。

とはいえ、実際に利用すると会話がよく弾みやすくなる婚活アプリというのは存在するのでしょうか。

「誰もが会話を弾ますことができるアプリ」を見つけるのは困難

結論としては、利用すると他と比較して会話がよく弾むアプリの存在は考えにくいです。

気軽に話の場を提供してくれる婚活アプリはありますが、実際に会話するとなると当人同士のコミュニケーションによるところが大きいですから、本人次第ということになります。これに関しては、婚活アプリだけに限った話ではありません。

婚活パーティーのように実際に顔を合わせるような婚活であって、上手くコミュニケーションをとっている人がいる一方で、なかなか上手くいかずに終わってしまう人もいます。

運営側も話の場を提供することはできても細かいコミュニケーションまで立ち入ることはできませんので、自分で何とかしなければならない点もあることは留意しておかなければなりません。

婚活アプリ側の会話を弾ませるための下地作りとは

とはいえ、婚活アプリ側は会話が弾みやすい出会いを提供するために、多数の登録者を集めたり趣味が合う人同士をマッチングさせようとしたり、いろいろな考えを巡らせています。人気を集めているマッチングアプリはどのようなサービスで、会話が弾む組み合わせを作ろうとしているのかを見ていきます。

ゼクシィ縁結び

ブライダル業界で大きな存在感を誇っているゼクシィの婚活アプリでは、価値観の合う人と巡り合えるように詳細な質問に回答を行うことができます。価値観に合っている人の方がコミュニケーションも上手くいくことが多いので、考え方が合っている人を巡り合わせようというシンプルながらとても効果的な方式です。

一度検索すると検索した履歴に関しては記憶してくれるので、スムーズに自分と合った価値観を持っている人を探せるので使いやすさについても定評があります。デートの調整を行ってくれるコンシェルジュの存在など、実際に会話がうまくいったときのサポートにも力を入れているのが魅力です。

Yahoo!パートナー

Yahoo!パートナーでは検索機能が充実しているため、細かく自分に合っている人を探すことができるという点が魅力になります。婚活ですから自分にとって一番といえる相手を探さなければなりませんし、細かくどのような人かをチェックできるというのは、とても利用しやすいです。

検索において絞り込むことができる項目は、

  • 年齢
  • 居住地
  • 趣味
  • 休日
  • 職種
  • 年収

といったものですが、詳細に入力することができますからより理想の条件を持っている人を見つけやすくなっています。

これに加えて、グループ機能という趣味を重視している人のためのサービスも見逃せません。

グループ機能はYahoo!パートナーの中で動いているコミュニティのようなもので、自分と同じ趣味を持っている人と同じグループに所属することができ、アピールすることが可能になっています。

趣味が合っている人を探すということそのものはありきたりですが、コミュニティを用意して気軽にコミュニケーションをとる機会を作ることが、より多くの出会いを作ろうというこだわりとして見ることができます。「趣味が同じ人は多いけど、なかなか踏み込みづらい」という人の場合は、Yahoo!パートナーのコミュニティを利用してみるといいかもしれません。

最低限のマナーをわきまえないとコミュニケーションはとれない

以上のように、婚活アプリの運営側はより多くのユーザーの会話を弾ませようといろいろな工夫を凝らしています。しかし、あくまで会話を上手くいくようにするのは本人の努力次第のため、頼りきりでは上手くいくことはありません。あくまで最低限コミュニケーションをとる上でのポイントがありますので、その点をしっかりと押さえておきましょう。

質問一辺倒はうっとうしく思われてしまう

やはり一番気を付けるべきなのは、会話のキャッチボールです。

婚活アプリに限らずお見合いのような場では、相手のことを知ろうとしてありきたりな趣味から異性のタイプに至るまでいろいろなことを質問したがりがちです。しかし、何度も質問をしている相手側もうっとうしく思ってこれ以上の会話をしたくないと思ってしまうこともあります。

そのため、質問に関しては数個に留め、質問に対する回答から話を膨らませるといったように、ワンパターンな流れにならないように注意しましょう。

真剣に応対することが第一

逆に相手側も自分のことを知りたがっているということもありますから、質問に関しては真摯に答えることを徹底しなければなりません。安全性が確立されるようになったとはいえ、現在でも婚活アプリを利用して人を騙したりする悪質ユーザーは存在します。

初めてマッチングした状況ではまだ自分自身のことを信頼してもらうことは難しい状況ですので、ガチガチに堅くしないまでも、ある程度しっかりとした対応が必要です。例えば、いきなりタメ口を使うような会話では堅苦しくないようにという意図を持っていたとしても、相手側には軽く言葉遣いも分からないという印象を与えかねません。

いくら結婚する相手を探している人同士とはいえ、お互いにリスペクトの念がないと上手くいくことはありませんので、質問に対する回答、言葉遣いというものは特に気を付けましょう。

強引になってはいけない

これも上手くいかない人によくあることですが、少し会話が弾むとすぐデートを申し込んだりといった、先走るようなことをしたりする人もいます。がっつくような対応をされると相手側も警戒してしまいますし、せっかく上手くいっていた会話に関しても歯車が合わなくなったり、最悪話してくれなくなったりするということも可能性としては十分あります。

婚活を行っているからこそ段階をしっかり踏んでいくことが重要になりますから、会話が弾むようになったら焦らず時間を掛けてより仲を深めていくことを意識するようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る