真剣に相手を探すなら!本気で探している人がいる婚活アプリとは

真剣に相手を探すなら!本気で探している人がいる婚活アプリとは

33view

2018.09.28

ゼクシィ縁結び

恋結びとの違いは?

ゼクシィ縁結びはリクルートマーケティングパートナーズという会社によって運営されています。リクルートマーケティングパートナーズはゼクシィ縁結び以外にもゼクシィ恋結びも運営しています。そちらもゼクシィというブランドからかなり信頼性の高いサービスとされています。

本気で結婚相手を探すならゼクシィ縁結びの方がすぐに結婚したいという層が多いと言われています。月額料金はゼクシィ恋結びの方が安くなっていますが、各種サービスはゼクシィ縁結びの方がしっかりしています。

デート調整をやってくれる

ゼクシィ縁結びが他のサービスと異なるところは会う日の調整をコンサルジュがやってくれるところです。まだ会ったこともない方と日程調整するのが面倒という方にはうってつけのサービスです。

プライベートの連絡先を教えることなく会えるので安心のサービスです。待ち合わせ場所に困ったときはコンサルジュが会いやすいスポットを教えてくれます。

登録方法

ゼクシィ縁結びに登録するには18歳以上の独身であることが必須になります。それを確認するために免許証などの本人確認書類が必要になります。また、過去にストーカー歴がある方の入会などは不可となっています。

マッチングアプリを使う上での最大の障害は変な人に会うかもしれないということですが、その点では安心できます。入会すると価値観がマッチする相手を探すために自分の価値観のテストを行う必要があります。

審査はあるの?

結婚に対する本気度の高い人を集めるためにゼクシィ縁結びでは審査も行っています。大まかに言うと結婚目的でないと判断された方は強制退会させられるケースもあるようです。判断基準としては他人に不快感を与える言動を行った場合や援助交際などの目的で登録した場合となります。

もちろん、結婚や婚約をしているのに登録してしまうのも強制退会の対象となります。離婚する予定であっても離婚が正式に成立するまでは会員になることはできません。

マッチドットコム

欧米でも人気

マッチドットコムは「本気での婚活」をテーマにしているマッチングアプリです。本気度が高い人も多くなっています。他のアプリと異なるのは世界にも広がっているということです。欧米にも広がっているので、国際結婚を考えている方にとってはより魅力的なアプリでしょう。

マッチングアプリというよりはオンラインの結婚相談所のようなものになっています。登録者数は日本だけで187万人以上と大規模な婚活アプリです。

登録方法

マッチドットコムには無料会員と有料会員があります。無料会員でもプロフィールの公開や気になった方へのウインクを送ることはできますが、メールでのやり取りは有料会員にならないとできません。

また、無料会員では直接相手と会うことができないので、本気で婚活をする方は有料会員になる必要がありそうです。有料会員になると月額料金が固定制で3,980円かかります。

AI技術が取り入れられている

マッチドットコムは成婚率が高いことで有名です。成婚率が高くなっている理由はAI技術を取り入れているためです。マッチドットコムは1995年にアメリカでサービスが開始されてから20年以上にわたって技術がマッチングのための技術が蓄積されていることも成婚率を上昇させる一因になっています。

例えば、1日に10人の異性を見つけてきてくれる「デイリーマッチ」という機能では相手を選択すればするほどAIが好みを分析し、好みに沿った異性を出してくれます。

アソビ目的で入り辛い

AIで管理されているので、アソビ目的で入ってきている方は簡単には参加できないようになっています。無料会員から有料会員になるには身分証明書の提出が必要です。登録は独身の方のみに限られ、既婚者だった場合はどんな理由があっても登録することはできません。

アジア男性も多い

マッチングドットコムは25ヵ国で展開している婚活アプリです。日本の中で利用する際には日本語版を利用する方がほとんどでしょう。日本語版を利用していても韓国や中国など他のアジア出身の方と出会う機会があります。彼らは日本語が話せるくらい頭が良いので総じて年収が高い傾向にあります。

Yahoo!パートナー

大手が手掛けるマッチングアプリ

Yahoo!パートナーは大手が手掛けるマッチングアプリということで会員数は500万人ほどと国内でも有数の大規模マッチングアプリです。公式サイトによれば毎日7,000組のマッチングが成立しているようです。既婚者や18歳未満の方は利用できない仕組みになっています。

年齢層が高め!

Yahoo!パートナーが他のアプリと異なるのは年齢層が高めになっていることです。20~30代が多い他の婚活アプリとは異なり、40~50代の登録者が多くなっています。一回離婚を経験している方や、離婚はしているが子供がいるという方も気がねせずに利用できます。

登録方法

登録にはYahoo IDが必要になります。料金は月額で3,889円(税抜き)です。無料会員になることもできますが、メッセージのやり取りができないので、本気で相手探しを考えている方は有料会員になる必要がありそうです。Yahoo!プレミアムの会員の方は料金が割安になります。また、女性の方は男性よりも料金が安くなっています。

「みんなの近況」が便利

Yahoo!パートナーの特徴は「みんなの近況」という機能です。この機能ではインスタグラムやツイッターのようにその日に起こった出来事や思ったことなどをつぶやくことができます。プロフィールを読んでいいなと思っても実際に会ってみると印象と違ったということもあるでしょう。

「みんなの近況」では共感した相手にスマイルスタンプを送ることができます。スマイルスタンプを良く送ってくるまたは送っている相手であれば実際に会った際のギャップを解消することにもつながるようです。

グループ機能がある

映画やスポーツ、ゲームなどの趣味ごとにグループが作れるグループ機能があります。グループ機能では面倒くさい手続きもなくグループに入るだけで同じ趣味の方を探すことができます。結婚には居住地や年収など具体的な情報も将来を考えるために必要になってきます。これらの情報を希望条件に入れて検索することが可能です。

ネット婚活は安全?危険?

ネット婚活と出会い系サイトの違い

ネット婚活と聞くと出会い系サイトというイメージを持たれる方が多いと思いますが、実態は全然違います。出会い系サイトでは誰でも簡単に登録することができます。身分確認もありません、ところが、ネット婚活では身分証明書がないと登録できないシステムになっています。

そのため、既婚者の不倫に利用する方や体の関係が目当てで入ってくる方をはじくことができます。相手からの申告があれば強制退会となることもあります。

料金が月額制

ネット婚活のアプリか出会い系サイトかを見分けるポイントは登録に身分証明書が必要になるかどうか以外にもあります。その1つが月額料金制かどうかです。出会い系サイトではメッセージや「いいね」を送った数に応じて料金が加算されていくシステムのところが多いです。

一方で、ネット婚活は大手企業などが運営しており月額料金が一定になっています。上記で紹介した3つのマッチングアプリは月額手数料が定額なのでネット婚活のアプリと言えるでしょう。

通報する仕組みがある

先程、強制退会させられることがあると紹介しましたが、これは利用者からの通報によるものです。出会い系サイトではこういった通報システムがないので何かされても泣き寝入りになってしまうことが多々ありますが、ネット婚活では通報の仕組みがはっきりしているので婚活目的の参加者以外を退会させやすくなっています。

雰囲気を見てみる

多くの婚活アプリでは無料会員になることができます。無料会員はそのアプリに登録している方のプロフィールを閲覧するくらいしかできません。しかし、どの婚活アプリが自分に合っているのかを知るには便利な方法です。

婚活アプリを使おうかどうしようか迷っている方は一度無料会員登録をしてどのくらい「いいね」が来るのかどのような年齢層が登録しているのかを確認してみるといいかもしれません。

2つ以上のサイトに登録する

婚活アプリはどれだけ口コミを読んでも実際に登録してみないと分からない部分もあります。婚活を本気で取り組んでいる方は2つ以上のサイトに登録している方がほとんどになっています。複数の就活サイトに登録している就活生と同じような感覚になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る